きょう午後の本会議で『子ども・子育て支援法』改正案について、自民党を代表して質問しました。
安心して子育てをする環境は、待機児童解消はもとより保育の質、子育てと仕事の両立の難しさ、長時間労働、子育て中の孤立感や心理的負担、教育費の重さや経済環境など様々な要因が絡みます。
家族において理想の子どもの人数が育めるような社会の実現を目指し、きめ細かく網羅的に取り組む政府の姿勢について、加藤勝信厚生労働大臣と松山政司少子化対策担当大臣へ伺いました。


Previous post『ルール形成戦略議員連盟』にて意見交換 Next post羽田空港のCIQ(税関・出入国管理・検疫)体制を視察しました

What do you think?

Name required

Website