レバノンの首都ベイルートの大爆発事故への支援のための国際会議(テレビ会議)が、マクロン仏大統領と国連の共催により開かれ参加しました。

アウン・レバノン大統領、トランプ米大統領、ヨルダン国王、エジプト大統領、ブラジル大統領、EU欧州理事会議長、豪・伊・スペイン・イラク首相らが発言。

私からは日本政府を代表し、亡くなられた方々への弔意と被災された方々へのお見舞いを申し上げ、緊急援助物資の供与を決定した旨伝えました。そして行財政・司法改革の実行の必要性についても言及致しました。

 


Previous postインターネットテレビ局ABEMAの報道リアリティショー『ABEMA Prime』にリモート出演しました。 Next post「セキュリティクリアランス」について未来工学研究所の西山参与、東京大学の銀河物理学の吉井教授と意見交換

What do you think?

Name required

Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください