肉や魚などをその細胞を培養してつくる“細胞農業”にご興味のある方はぜひご覧ください!!

「細胞農業議連」は、世界の人口増加と高まる食肉需要、地球環境や気候変動による生態系ピラミッドの制約を鑑み、動物性タンパク質をどのようにまかなっていくか、スタートアップ支援と食料安全保障の視点からも議論しています。


日本経済新聞 電子版インタビュー

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA165FK0W2A910C2000000/


Previous post日本経済新聞(朝刊)永田町政策マップに『細胞農業によるサステナブル社会推進議連』が取り上げられました。 Next post『プラスに転じる経済対策を』 給料・年金を物価に適した水準へ

What do you think?

Name required

Website

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください